胸毛を脱毛するのに最適の施術法はどれ?

 

胸は身体の部位の中でもホルモンの影響を受けやすく、人によっては濃い胸毛が生じてしまったり、あるいは産毛がちらほらと散見される程度に生えてきたりして、どちらにしても肌触りなどで気になってしまうものです。また下着などと触れ合うことも多くチクチクと刺激を受けたり、あるいはプールやジムで水着やトレーニング姿になる機会の多い人によっては人目に触れる機会もあることでしょう。

 

これらの胸毛を脱毛するにあたっては、その生え方の特徴をしっかりと見極めて手法を選択しなければなりません。まず濃くて太い毛質であり、なおかつ広い部位にまたがって生えているようであれば、これはレーザーやフラッシュを使って効率よく払拭していく必要があります。レーザーやフラッシュが毛穴の奥のムダ毛のメラニン色素をしっかりと捕まえてダメージを与えていくのでスムーズに脱毛を進めていくことが可能です。

 

また、一方で産毛タイプのものが多いようでしたらムダ毛に含まれるメラニン色素が薄くなるのでレーザーやフラッシュの効果が薄れてしまいます。こういった状態でも効果の出やすい手法を選択しなければなりません。たとえばクリニックでニードル脱毛を行ったり、あるいは特製のジェルを毛穴から浸透させて毛根に沁み渡らせてダメージを与えていくという手法も効果的と言えるでしょう。