薄毛は遺伝するのか?

薄毛は遺伝するのか、という問題は昔からよく言われています。薄毛が遺伝によるものなのかどうかは、まだはっきりしていませんが、今のところ遺伝によるものは全体の25%程度と言われています。つまり、薄毛で遺伝するとしても、確率は低く、親がハゲていたとしても、必ずしも薄毛になると決まったわけではないということが言えます。薄毛の原因が遺伝というのは、はっきりは言えませんが、少なくともまちがいではありません。薄毛は遺伝するというのは事実です。ただ、全ての薄毛が遺伝によるものではありません。遺伝ではない原因による薄毛の方がむしろ多いです。遺伝による薄毛は、男性ホルモンであるテストステロンが、5αリダクターゼという変換酵素によってジヒドロテストステロンに変わることで起こるので、男性ホルモンが関係しています。5αリダクターゼの分泌量が多いかどうかは、遺伝によって決まるので、薄毛は遺伝と関係しているのです。しかし薄毛の種類は色々あり、多くは、生活習慣やストレスによる頭皮環境の悪化が原因で薄毛を招いていることが多いのです。

 

自毛で植毛